−生きるうえで大切なことー 365日のメッセージ 私たちにとって最も重要な「生きる意味」や「自分自身の今世の使命」。その答えとなる神聖で素晴らしいメッセージがいつも私のもとに届いています。 メッセンジャーとして、リアルタイムに皆様にお伝えしています。

第331回 自己ヒーリング

h5.jpg


昨日第11期アルケミストヒーリングカレッジが始まりました。

新入生、再受講生、通信生を合わせて、58名の学生が、ヒーラーを目指して、さらなるレベルアップを目指して、素晴らしいヒーリングの世界を学び始めます。

受講生の皆さんが素晴らしいヒーラーとなるよう、スタッフ一同、指導していきたいと思っています。





h2.jpg


【2017年第11期ヒーリングカレッジ第1回目授業講義より】


一つ一つヒーリングをやっていく中で、一番重要な点は、ネガティブなことを行わない、考えないことです。

エネルギーのレベルとは、どれだけ光を発するかということです。



光りを発するとは、より自分自身を高めていくこと。



それを一番邪魔するのは、「自己否定」です。
自分を認められないことが、エネルギーを弱めてしまうのです。



どれだけ、自分を高められるか=どれだけ自分を愛せるか。
その上で、相手を高める(相手を愛する)のです。


ネガティブなものを排除して、もってはいけないというのではありません。それを受け止め、認めたうえで、手放してキレイにし、もともと皆さんがもっているものを、きれいに表せるようにしたいのです。


第一段階は、自己ヒーリングです。自分をどれだけ癒せるかです。
自分をどれだけ高められるかというのが、ヒーラーとしての第一歩です。






 【ペアワーク】


自分の素晴らしいところを3つ、相手に伝えましょう。自分を押し隠すことなく伝えましょう。

そして、それを聞いた相手の人は、心から「素晴らしい!」と認めてください。 



多くの人は、自分の悪いところについては、平然とたくさん言ってしまいます。 
しかし、いざ、自分の素晴らしいところ、良いところを伝えようとすると、考えて、考えて、必死に絞り出すように話してしまいます。 

不思議ですよね。



多くの人は相手のことはたくさん褒めます。しかし、いざ自分になると、まるでカギがかかったようになってしまうのです。それをこれから解放しましょう。

瞬間的に相手の心の琴線に触れる。一番大切なことにふれることができる。それが癒しです。




以前、「私は正直に言ったのに、いつも相手に嫌われてしまいます」という方がいました。



「正直」正しく、直すと書きます。



実は思ったこと、自分の感じたことをそのまま伝えるということは、実は正直でも何でもありません。

正しい状態にする。もとにもどすこと。それは、相手を批判して間違いを正すのはなく、相手の素晴らしさを認めて、その本来の姿にすることです。


私たちの真の姿は、愛であり、神聖なものです。それに気づいて、まずそれを認めて相手に気づかせることから、正直さははじまります。


本当にその言葉は相手のとって大切なのかどうか。相手はそのことによって、喜ぶのか幸せになるのか。


言葉を発する前に一呼吸して、ハートに手を当てて感じてみましょう。


時には、叱るときも必要です。例えばお子さんが悪いことをした場合は当然、叱らなければなりません。その叱り方があるのです。


感情にまかせて、相手を責め続け、「やっぱりあなたは、ダメね。」と言ってしまう。多くの人がこの二重否定を使っています。



相手に対してどうしても言わなければならないことがあるならば、最初に「いかに相手が大切か」を伝えることです。


「あなたが大切なことは変わらない。どうあっても、何があっても愛情はかわらない。ただし、今回のことは違うよね」



はじめに最も伝えるべきこと、すなわち「愛」を伝えて相手を肯定するのです。






h4.jpg




ヒーラーは、言葉、話し方、伝え方が大切です。



私は無理、難しい、ダメ。私なんか......。
多くの方が、否定的な言葉が口癖になっています。 


その言葉を発する度に、毎回毎回その言葉があなたのハートのチャクラに詰まっていくのです。自分で自分に悪い言霊を発し、呪文をかけているようなものです。


そして、気がつくとハートは詰まり、言葉通り、「何をやってもダメ、自分はダメ」という現実が作られるのです。 
自分が発する言葉が、最もあなたのハートの近くで強力に響きます。否定的な言葉を言い続けて、ハートがオープンに、きれいになるはずがありません。


今日はペアワークで向かい合った方の、長年にわたってふりつもったハート詰まりを癒してください。


相手が自分の素晴らしいことを伝えたら、それを聞いた人は、心から喜んで、「あなたはその通りです!本当にあなたは素晴らしいです!」と伝えてください。

「えー?本当かな?」という顔をして聞いてはダメですよ(笑)



これがヒーリングの第一歩、相手を認めることです。
どうあろうとも、相手を受け入れるのがヒーリングの第一歩です。




相手の顔に注目してください。

笑いましょう!口角をあげましょう。

1年間とは言いません、せめて6ヶ月でほうれい線をなくしましょう(笑)


目の大きさ、目じりの高さが実は、相手の方の肩の高さを表しています。顔を見た瞬間に身体のずれを見極めるようになれます。



鼻のゆがみは、背骨のゆがみです。
以前、「私は健康で100歳まで生きる」と言って、自信満々な方がいました。しかし、私は顔を見た瞬間に、腰と背骨がずれていて内臓下垂が起こっていることがわかりました。


顔のずれを直すことは、身体のずれを直すことと同じです。

 

一番のテクニックは相手を幸せにすることです。



相手を笑わせることです。
口角をあがれば、腰が本来の位置に戻ります。


h1.jpg
心から褒められた人間は幸せになるだけではなく、健康になります。
褒められ続けると、実際に顔も若返り、肌も輝き、体つきまで変わってしまいます。




反対に、責められれば責められるほど、心だけではなく、身体も歪んでいきます。
批判された者は、心だけではなく身体も歪み、健康を失うのです。


ヒーラーは、相手を認め、心から称賛し、心も体も幸せにする者です。



あなたの身近な人を、笑わせてください。心から褒めてください。心から相手を受け止め、称賛してください。それが癒しの一歩です。


h3.jpg


アルケミストヒーリングカレッジ
http://www.alchemist-japan.co.jp/school/college.html

第330回 内なる子供の声

365innerchild.jpg


インナーチャイルド・内なる子供。

それはあなたの最も純粋な意識です。


例え大人になっても、あなたの中には「小さな子供」がいます。その子供はとても純粋で、正直で、傷つきやすい、生まれたままの心です。



子供の頃、私たちの胸の中心にあるハートのチャクラは、とてもオープンです。
ハートチャクラは、自分と他者を愛し、許し、認めること、アイデンティティー(ありのままの自分らしさを表現すること)をつかさどるエネルギーセンターです。




赤ちゃんや小さな子供は、天真爛漫にハートを開いて、愛を発し、そしてすべてを受け入れようとしています。
しかし、様々な出来事により、やわらかいハートは傷を受けていきます。


それは、両親の何気ない一言だったかもしれません。
友達や先生の態度だったかもしれません。

相手はそのつもりがなくても、小さな子供のハートは、あまりにもオープンでやわらかいので、カンタンに傷を受けてしまうのです。




傷を受けたハートは次第に固くなり、閉じていきます。再び、傷つくことを恐れ、感情を押し殺したり、我慢したりするうちに、自分を守るために閉じてしまうのです。

 
こうして私たちは、内なる子供の声に耳をふさいで、大人になっていきます。そして、ふたをしてしまった傷は残り続けるのです。




「自分を愛せない」、「自分のことが好きになれない」と悩む人が多くいます。

そして、「自分に自信が持てない」、「人にも自分にも批判的になってしまう」、「ものごとを楽しむことができない」、「自分の目標がわからない」という声も、とても多いものです。


これらはすべて、インナーチャイルド、つまり、自分の純粋な思いと、今の大人になった表面的な自分が上手くいってない状態です。
つまり、自分の純粋な思いを無視し続けた結果、今の表面的な自分とのずれに苦しむのです。



しかし、多くの方がインナーチャイルドと対話することにより、心が癒され、自分らしさを取り戻していきます。



「自分は嫌い」、「愛せない」という思い。

それは、インナーチャイルドの、「もっと私に気づいて!私を愛して!」という声の裏返しです。



多くの方が、私のエネルギー誘導の中で、インナーチャイルドとつながり、感動的な対話をしています。


ある方は、泣きながら訴えてくる小さな自分を抱きしめて癒し、救われました。

ある方は、愛されていたという幼い頃の記憶を取戻し、ずっと許せなかった両親のことを許すことができました。


自分のことが大好きになった方、自分を許し、感情を出せるようになった方、皆それぞれ、自分が最も望んでいることにアクセスし、心の傷や満たされない思いから自由になっていくのです



エネルギー誘導では、時をさかのぼり、3歳の頃のあなたに会いに行きます。
時空を超えた、深い意識の中で、小さな頃のあなたが、今のあなたへ大切なメッセージを伝えてくれます。


そして、小さな頃の心の傷を癒し、純粋な自分の願いや思いを認めた時、本当に求めてきた愛に気づくことができるのです。





誰しも、ハートを開き、自分を愛し、人をありのままに受け入れていた頃があります。

 
世界のすべてが輝き、心の底から喜び、笑えた頃。


 素直に正直に自分の望みを表現できた頃。


そのような、小さな頃の純粋な幸福を取り戻すことができるのです。



あなたの内なる子供、インナーチャイルドは決して弱々しい存在ではありません。

傷つき、悲しみながらも、内なる子供は、あなたが自分の存在に気づいてくれることを待っています。



あなたの内にある純粋な喜びの声を消すことはできません。
インナーチャイルドの声は、ひたすら純粋に、ひたすら健気に、魂の望みを伝え続けてくれるのです。





【自己変革 プレ講座 第1回 インナーチャイルド】
~人間関係が幸せになる!自分を心から愛せるようになる!~
 
≪インナーチャイルド≫とは、あなたが小さかった頃の思いと心を持った純粋な意識です。
インナーチャイルドの気持ちを理解し、大切にすればするほど、あなたの心は平安と幸福に満たされるようになります。
あなたのインナーチャイルドをたくさん愛してあげてください。
 
[日時] 4月30日(日)13:00~16:00
[料金]一般3,000円/会員2,000円
[場所]アルケミストホール
 
▼プレ講座の詳細、お申し込みはこちら
http://www.alchemist-japan.com/
▼自己変革セミナーの資料請求はこちら

https://gt203.secure.ne.jp/~gt203107/contact/

第326回 すべての生命に光りを送る「地球人・ヒーラー」

私たちはまるで、肉体がすべてであるかのように思い込んでいます。


たった一つの、この小さな身体が、私たち自身であると思い込んでいます。


私たちは空気を吸っています。その空気は誰のものですか?あなたは「これは私の空気です」と言いますか?


海に潜る時は、酸素ボンベを背負います。


それは誰の酸素ボンベですか?それは自分のものです。



「小さな自分」という意識。それはまるで、空気であふれている地上で、制限された酸素ボンベを背負い、それに命を託しているようなものです。



「自分と他者」という差別の世界、分離の世界です。



私の国、相手の国、私の土地、相手の土地、私の財産、相手の財産......。その考え方は誤解の固まりです。「自分のもの」という考えに執着しているのです。



私たちは1人では生きていけません。


私たちはすべての存在によって、生かされています。


私たちの身体は地球の五大元素によって作られ、生かされています。あなたの食べるもの、触れるもの、そしてあなたに関わるすべての人、それら一つでも欠けては、あなたは生きていけません。



インドの聖者サティア・サイババ様は言いました。


「人の生命と世界全体は、五大元素のおかげで維持されています。五大元素のどれか一つでも欠けていれば、すべてが無に帰してしまいます。私たちは耳で音を聞きます。目で世界を見ます。このように、私たちは五感を通して世界を体験することができます。五感を機能させているのは神の力です。しかし、人はこの神の原理を忘れてしまい、取るに足りないこの世的なものを追いかけることによって幸福を得ようとします。すべての生物の中で、人として生まれることはもっとも稀まれなことであると言われています。実際、人間は本質的には神なのです」




すべての存在は一つであり、それはあなたを生かしています。それに気づけないことは、さみしいことです。



それがエネルギー不足です。


「自分のもの」という小さな意識にとらわれている限りは、宇宙に平等にあふれている、神聖エネルギーに気づくことはできません。


愛を無尽蔵に与えられているにもかかわらず、それを受け取れない状態なのです。



Fotolia_36377304_S.jpg



私たちヒーラーが、ライトボディーとなって光りを発信することは、地球人として大切なことです。



光りを発信する時、そこに国の違いはありません。


人種の違いもありません。


宗教の違いもありません。


そして、動物、植物、鉱物、海や山、すべてを形作る五大元素......。



すべての生命を守るのが、本来の地球人です。


私たちは地球人です。


地球が光りで満たされるように、すべての生命が幸せになるように願う事が、我々の義務であり権利です。


すべての生命を癒す、スケールの大きなヒーラーになるのです。



自分の身体、自分の人生、自分の生活だけがすべて。
そのような生き方は、さみしいものです。


自分の身体も心も大事です。しかし、あなたのまわりの人、環境、日本という国、世界中も同じように大切です。


ヒーラーとは、意識の拡大ができる者です。


過去・現在・未来の時空の拡大、それができればできるほど、5次元6次元で物事を見る事ができます。

その時はじめて、真に大切なものがわかるのです。



宇宙は、幸せと喜びと愛に満たされています。
偉大なる大自然と一体化する。一つとなりましょう。



大自然に恨みや妬みはありません。なぜならそこに、「自分と他者」という分離はないからです。
大自然はいかなる時でも、すべてが一体です。生命を育むために、守り続け、導き続け、生命を最後まで営めるようになっているのです。


幸せの呼吸、喜びの呼吸、愛の呼吸をしましょう。



呼吸と共にすべての存在と一つになりましょう。


「私とあなた」という比較は消えていきます。



「私たち」は、すべて「私」となります。


「多様性」の中の「一体性」を見るのです。

第320回 大切なのは愛


大切なのは愛です。

自分を愛すること。

他者を愛すること。

神を愛すること。


この三つの愛の柱が整えば、


すべての物事は順調に、なおかつ効果的に進みます。

第313回 大切なのは愛


大切なのは愛です。


自分を愛すること。


他者を愛すること。


神を愛すること。



この三つの愛の柱が整えば、


すべての物事は順調に、なおかつ効果的に進みます。


〜インドセミナーメッセージより〜



◆インドスピリチュアルセミナー

30回以上インドの聖地を訪れた私の体験や偉大な聖者の教えをお話ししながら、スピリチュアルなエネルギーワークをお伝えします!

第1回 4月17日(日)17:00~20:00 終了

第2回 5月15日(日)16:00~19:00 終了

第3回 6月26日(日)16:00~19:00 終了

第4回 7月24日(日)16:00~19:00 終了

第5回 8月21日(日)17:30〜20:30 ※特別に8月も開催!!

第6回 9月15日(日)16:00~19:00 

第7回 5月15日(日)16:00~19:00 


場所:アルケミストホール


詳細webチラシ

https://my.fly5.net/healing_alchemist/indianspiritual/



◆インドスピリチュアルツアー

今年は11月2日(水)〜9日(水)の6泊8日間のインドスピリチュアルツアーが行われます。

南インドの聖地を訪れ、その中で様々なメッセージやガイダンスをお伝えする素晴らしい旅です。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください

第309回 愛に基づいた行動


◆Message


愛するということは、行動をすることです。
愛に基づいた行動をためらったり、

やめてしまったりしないことです。

愛するなら行動することです


感謝するとは、相手を尊重することです。

あなたが愛と感謝をもって、相手を尊重し、行動するならば、

相手の方は心からの喜びと幸せを感じるようになります。


(第10期ヒーリングカレッジ 第5回目授業メッセージ&講義より)



愛に基づいて行動すると、相手の方に、どうしても直してもらいたい、どうしても気づいてもらわないと困ることを伝えるべき時があります。

そのような時、我々は勇気をもって伝えなければなりません。


相手を尊重し、相手が幸せになるために伝えるのです。


家族やパートナー、友人、会社の上司、部下、様々な人間関係において、相手にどうしても大切なことを伝えなければならない時があります。


しかし、怒りにまかせて、「どうしてあなたはこういうことをするんだ!」と叱りつけ、自分の感情をぶつけてしまってから、「あなたを大事に思っているから言うんだよ」と言っても効果は半減します。

相手が決して心地よいと思わないことを伝える時は、まず「あなたのことがとても大事なんだ。大切なんだ」と言った上で、「ただし、このことについては違うよね」と伝えるのです。



感情的になり、伝え方がまずい人が多くいます。それは親からそうされてきたからです。

ヒーラーは素晴らしさを伝える者です。ヒーラーはいかなる状態であっても、相手を尊重しなければなりません。その上で、伝えるべきこと違うと思うことを伝えるのです。


最初に相手の素晴らしさを伝えて尊重し、愛に基づいて行った時に、はじめて相手は聞く耳を持ちます。


その時、相手の反応はどうなるでしょうか。例え、相手が不満そうにしても、なにをしても、期待してはなりません。誠心誠意、愛情をもって伝えた結果、それをどう受け取るかという責任は相手のものです。


ヒーリングを行い、例え「全然良くなりません」と言われても、一喜一憂しないことです。ヒーラーはただひたすら愛と感謝を持って伝え続け、癒し続けるるのです。相手の反応にまで責任をとる必要はありません。しかし、そのためには、我々は常に愛に基づいた行動と感謝をもって行うことです。


多くの人が、「私はあなたのことを思って『正直に』話した」と言います。しかし、そのやり方が間違っています。『正直さ』を思い違いしたまま、相手の心を感じるよりも、自分の気持ちをそのままぶつけてしまうのです。


相手に愛と感謝、尊重を伝え、「幸せになりますように」と祈って伝えることからはじめましょう。





何かを伝える時、「優しく言いましょう」ということも良く聞きます。


オブラートに包んで、相手が傷つかないように伝えようとする人も多いと思います。

しかし、駄目な時は駄目と伝えなければならない時もあります。


その時重要なのが、相手に対する愛と感謝です。


相手はすぐには理解できないかもしれません。あなたに反発をするかもしれません。しかし、結果的に感謝されるでしょう。



愛と感謝をもって、そして「勇気」を持つことです。


相手からの反対や批判を恐れて、本当に伝えたいことを伝えないのは間違っています。


愛に基づく行動によって伝えたとき、あなたも相手の方も幸せになるのです。

第306回 ヒーラーとして成すべきこと

昨日はヒーリングカレッジ上級コースの第4回授業でした。
授業でのメッセージを一部ご紹介します。



「ヒーラーとして成すべきこと」


ヒーラーとして成すべきことは、自らを清め高め、
そしてそのことにより多くの人々を喜びに満たし、
幸せにすることです。


まずヒーラーとしてはじめにやるべきことは
いかなる状態にあっても自らを高めることです。


自らを高めるとは何でしょう?


高めるとは神に近づくことです。


「絶対に神聖な存在に近づくのだ」という思いで

日々行っていった時に、自分の意識が高まるのです。


世の中の様々な雑然としたもの、俗的なものに心を奪われるのなら

高まったとは言えません。

本当に大切なことに目を向ける。

大切なことに意識を向けるということが「高める」ということです。



次に成すべきこと。


それは、「命を愛し続けること」です。

どのような時でも、すべての命を愛し続けることです。

愛することをやめた時に、我々は成長が止まります。

それは自他共に言えることです。

自分を愛すること他人を愛すること、

すべての生命を愛するということが成長することです。


精神性を高めるための大きな推進力となるのが、

やはり「愛すること」です。



この世界には愛のない人、愛情の少ない人はいません。

「命が大事です。本当に有り難いんです」と言って

愛して、愛して、愛するうちに

その方の持つ最大のエネルギーが高まっていくのです。



そして、次に成すべきこと。
それは、「許すこと」

自他共に許すことです。

自分が上手く行かなかったりとか、

相手に嫌な思いをさせられたりとか、

すべてを含めて許すということ。



許すことで、さらに人生を順調に進ませることができます。


多くの方は許すことがなかなかできません。

ある事をどうしても許せないという人は、

せっかく高きを目指し、愛情を持っていても、

前に進むことができません。



自分にとって辛いこと嫌なことをした人を許せないと、

それはブレーキを踏んでいる状態と同じです。


ブレーキがどれだけ外せるのか......。

それが許すことです。


それができてはじめて、

私たちは自らを清めて、高きに向かって、

順調に喜びをもって進めるのです。

第302回 愛と感謝が心を強くする


◆愛と感謝についてのMessage


神聖な存在は、愛と感謝を表す者に祝福を与えます。


まず行うことは自分を愛し感謝することです。


いかなる状態であろうが、


「私は自分を愛します。私は自分に感謝します」


という思いがすべての始まりとなります。


302.jpg



今日は愛と感謝がいかに心を強くするかお話しします。


私のエネルギーワークには様々なものがありますが、最近は呼吸法と愛と感謝を送るワークを重点的に行っています。


ワーク1つでは、まず10人の名前を思い浮かべます。

そして光りを拡大しながら、その10名に愛と感謝を送っていくのです。


その方が何をしたか、どういう人か、条件は一切関係ありません


ただ愛と感謝を送ることで天の窓が開かれて、あふれるばかりの神の愛と祝福が降り注がれるのです。



その時どうなるかわかりますか?


あなたの中に神聖なエネルギーが満たされ、真の才能を発揮することができるようになるのです。


どんなに様々なエネルギーワークを必死に行っても、心がないとだめなのです。


自らを愛する心、感謝する心。

そして、他者を愛する心、感謝する心です。





まず無条件に自分を愛し感謝してください。自分自身を慈しむことができるかどうかで、他者にそれができるかが決まるのです。


自分は惨めだ、自分が情けない、自分が許せない、自分が愛せない......。


そのような思いを抱き続けた結果どうなると思いますか?


ますます光りから遠ざかり、自分に立ち直るきっかけを与えられなくなるのです。


たとえ何かに失敗したとしても、自分の行ったことで何か辛い立場になってしまったとしても、「そのままで終わらせない」という自分への愛情が必要なのです。




夫婦関係でも同じです。

どんなに愛し合った夫婦でも、「かわいい。優しい。大好き。かっこいい。男らしい。いつも一緒にいたい」という思いは、せいぜい一年しか持ちません。

残るのは信頼なのです。


「この人とやるしかない」という信頼です。

とにかくどんな状態であってもあきらめずに話し合うこと。

それが夫婦間の根本的な愛情であり、信頼です。

何とか互いに協力して解決しようという気持ちがあるかが、夫婦にとって重要なことです。


「もういい。やめました」という思いなのか、「やっぱりこのままではいけない解決したい。一緒にやって行きたい」という思いなのか。


そのためにはどうしても、自分に対して愛と感謝がなければできないのです。





会社で辛い思いをしたとします。


嫌な上司がいる、自分のがんばりが評価されない、様々な事があったとしても、すべては自分次第です。


自分を愛して感謝する者には余裕ができます。自分への愛がない人は心に余裕がありません。

心が狭いため、ちょっとしたことで耐えきれなくなってしまいます。

すぐに割れてしまう弱いガラスのような心の状態になってしまうのです。


少しの衝撃があっただけで、何か一つ嫌なことがあっただけで、心がもろくくだけてしまうのです。


そのような人が、「自分を愛します。自分に感謝します」と言い続けたらどうなると思いますか?


弱いガラスが、強化ガラスとなるのです。


ちょっと叩かれようが、ショックがあろうが、絶対に変わらず、愛と感謝の心の持ちながら自分を守る事ができるのです。



あなたの心はどのような状態ですか?

ちょっと叩かれ嫌なことがあれば、パリンパリンとわれてしまう、繊細なガラスの心ですか?


例えガンガン叩かれようと何をされようと、自分を守れる強化ガラスの心ですか?


自分の心を守るためには、徹底的に努力するしかありません。


徹底的に自分を愛し感謝することです。


そうすると自分のことを認められます。認められれば、許すことができるようになります。


それができると相手を認め、許すことができます。


これがエネルギーと癒しの世界です。




感受性がある人は、敏感で心が傷つきやすい人が多くいます。


感受性が強いけれど、影響されやすく弱いのです。


「自分を愛せない」という思いが心を弱くします。


敏感に反応しながらも、壊れない影響されないエネルギー力が必要です。

その根本は愛と感謝です。




例え今すぐに嫌いな相手に心からの愛を感じられなくてもかまいません。


ただひたすら言葉で徹底的に言い続けるのです。


100回、200回、1000回、10000回行ったらどうなると思いますか?


その言葉がハートのチャクラに共鳴します。


そして傷ついたハートを癒し自分を守る力となるのです。




「許せない」とは、傷つかないために防御している状態です。

チャクラに力がつくと、防御することに四苦八苦しなくなるので、簡単に許せるようになるのです。


「許せない!絶対に許せない!」とあなたが思っている人、嫌いな人の真の姿が見えてきます。

真の姿が見えると、あなたに辛い思いをさせる人は、実はまるで小さな子供が泣いているように、必死に頑張っていることがわかるのです。




心を強化ガラス、しいてはダイヤモンドのように強く美しく磨いていくのです。


インドの聖者サイババはこう言いました。


「ダイヤモンドとは、誰の心にもあるもので、ダイ・マインド(Die Mind)、すなわち、欲望を滅したときに自我・心は平安になるという意味だ。

そして、ダイヤモンドのように純粋な美しい心・気持ちとなる。


それが、神の心、ディア・マインド(Dear Mind)だ」


心を愛と感謝で磨くことで、あなたは安心して自分を守ることができます。


守れたらキャパシティが広がり、自分自身に自信が持て、真の強さを発揮できるのです。


第296回 自らを愛するとは


296.jpg



◆Message 自らを愛するとは


自分を愛するということは、

宇宙の神聖な存在から与えられた

様々な才能や能力、愛情をしっかりと受け取ることです。

もし、自分を愛することができなければ

それらの大切なものを拒否することとなり

あなたの本来の素晴らしい才能や能力を発揮できなくなります。

愛するということは、与えられたものを大切に感謝をもって受け取り

そしてそれを発揮することなのです。

自分を愛するとは自分のもっているもの

与えられたものを大切にするということになります。


第287回 恐怖心に打ち勝つためには

Message1

恐怖心は人生を闇の中に追い込み、そしていったん迷い込んだら、なかなか抜け出せなくなり、最後は自分の最も大切な命さえ失ってしまいます。

恐怖心に打ち勝つためには何よりも愛が必要です。

神聖な存在と同じように、あなたが強い愛、深い愛を持つならば、間違いなく人生を光りに導き、迷い込んだ恐怖の闇さえ変えることができるようになります。

闇に打ち勝つためには光りが大切であり、その光りの根源は愛なのです。




Message2

愛は何もせずには強まりません。愛には努力が必要です。

体を使わなければ筋力が落ちるように、愛を使わなければ見る見るうちに弱まっていきます。

愛の力を強め、深める必要があります。それがあなたが変革するための原動力なのです。



【自己変革セミナー第9回メッセージ】



1998 年に、私はインドに向かう飛行機の中で神聖な存在から使命を伝えられ、自分の果たすべきこと、目指すものがすべて明らかになりました。多くの人にそのような素晴らしい人生を歩んでもらいたい、私と同じように、ゆるぎない思いで、自らの使命に基づいて最高の人生を歩んでもらいたいと願い、自己変革セミナーをはじめました。このセミナーでは、私が三十数年にわたって行ってきた、自らを変革させる様々な方法やテクニックを1 年間という短い期間の中で凝縮してお伝えしています。

自己変革は自らの真の才能と能力に気づき、それを発揮し、最高の自分を勝ち得ることです。受講者の皆さんは、様々なワークや日々の実践を通して、一歩一歩変革の道を歩まれています。きっと彼らは、セミナー終了後には、生まれ変わった最高の自分と出会えることでしょう。


今日のセミナーでは、まず愛を高めるためのペアワークを行いました。ペアになってお互いに、嫌いな人、なかなか自分と合わない人、自分にとって一緒にいたくない人を3人あげます。そして、ペアになっている目の前の方がその嫌いな人だとイメージします。そして、ただひたすら目の前の方に愛と感謝するのです。「○○さん、私はあなたを愛します。私はあなたに感謝します......」それ以外の感情は一切排除するのです。
これは、スポーツでいうのなら、たくさんの負荷をかけてトレーニングするようなものです。山登りだったら、たくさんの重りをつけて、登る状態です。
やりにくければやりにくいほど、愛情力が高まり、愛情力をつけるための練習となるのです。

そして、ここからが私のオリジナルのやり方ですが、エネルギーを高めてライトボディーとなり、愛と感謝の光りを送るように皆さんを誘導をします。嫌いな相手に愛を送ると「思う」だけでは上手くいかなくても、ヒーリングのエネルギー、高い次元のエネルギーを使うことで、余計な感情がなくなり、純粋な形で、愛と感謝の力、「愛情力」が高まるのです。嫌いな相手にも愛と感謝を送れたと実感した時、多くの人は感動し、自らのもつ神聖な目覚めます。

私たちには愛の力が隠されています。しかし、それは使わなければ発揮できないのです。嫌いな人、苦手な人は、あなたの愛情力を高めてくれる、重要な人です。


Fotolia_22311349_M.jpg




最新メッセージ

テーマ

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 22
23 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

キーワード検索