アニマルコミュニケーションカレッジ
  • アニマルコミュニケーターになるには
  • カレッジの特徴
  • 卒業生の紹介と声
アニマルコミュニケーションとは? 動物たちのプログラムの発見と解放
  • イベント情報
  • アニマルブログ
  • 資料請求・お問合せ
  • アクセス
  • メディア紹介・関連書籍

アルケミスト - Alchemist | 公式サイトはこちら

たかえす動物愛護病院 スピリチュアルヒーリング オンライン予約サイト

アニマルコミュニケーション カレッジ募集中!

アニマルコミュニケーションカレッジ 公開講座

アニマルコミュニケーションカレッジ 体験&説明会 無料・予約制

アニマルコミュニケーション ネット動画レンタル開始

卒業生の紹介と声

卒業生紹介

動物看護師 : 藤井 留美子さん(熊本県:デーリー動物病院)

動物病院で働く私にとって、動物とコミュニケーションが取れるという事は、保定の時怪我が少なくなるのでは?という気持からのスタートでした。毎回学んだ事を院長やスタッフに話し、動物への接し方や声かけを実践することにしました。今では動物達に今から何をするか説明しながら治療を進める様になり、以前より動物達が恐怖心をむき出しにすることが少なくなりました。また飼主さんに動物とのコミュニケーションの取り方をアドバイス出来るようになりました。飼主さんと動物の関係が素敵なものになれば、アニマルコミュニケーターになって本当に良かったと思います。

アニマルコミュニケーター : 由井 典子さん(長野県・アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意)

アニマルコミュニケーター養成講座を経てプロになりました。授業ではさまざまなメソッドや動物さんの生態をはじめオーラの見方や正しいメッセージの受け方、また、コミュニケーターとしての姿勢もモデルさんを迎えて実践を繰り返しレッスンを受けることで卒業するときにはしっかりと身につきました。また、卒業後についても先生方の励ましやアドバイスにより背中を押していただき、目標に向って前に進むことへの心配や不安が解消され、それらの一つ一つが私にとっての自信となりました。
アニマルコミュニケーションではたった一言『ありがとう』の感謝の気持ちが伝えたい動物さんもいれば十人十色で『僕の気持ちをわかってほしい』と願う子もいたりと本当に様々です。そしてコミュニケーションを終えて動物さんの気持ちをご家族にお伝えするとほとんどの方々が「そうだったの!気付かなくてごめんね。ありがとう!」と大変喜ばれ、時には涙ぐみながら、今まで以上に動物さんとの愛情を深めるよう言葉を交わされます。
そんな時、私はコミュニケーターの立場から、それぞれに違った豊かで愛情深い動物さんの気持ちに感動し“アニマルコミュニケーターになって本当によかった…。”と改めて感謝の気持ちを持つことができるのです。

ペットシッター : M.Rさん(神奈川県)

「行き先と、いつ出かけていつ戻るか…最低これだけは事前に説明して、留守番することもちゃんとお願いし、了解とってください」そう顧客に話す時、「そんなこと説明して、わかるんですか?」という反応をされるのが普通だ。
家族の一員として可愛がり大事にしている人でさえ、動物に時間や日にちの感覚などないと、多くの人がそう思っている。あるとしても、食事や飼い主の帰宅時間など、生きていくのに不可欠なことを動物の本能で察知しているだけだと。アルケミストを知らなかった、かつての私もそうであったように…
ペットシッターとして長いお付き合いをしているT家へ、お世話に行ったある日のことだ。子供がいない夫妻にまるで実の娘のように可愛がられ、何ひとつ不自由のない暮らしをしている、タビー柄の猫-名をマリという。マリはいつも玄関へ来ていて、身体をすり寄せ、いらっしゃいと歓迎してくれる。なのに、その日は出て来ない。具合でも悪いのかと心配した私が急いで室内へ入っていくと…ソファーの肘あて部分に、箱座りしている。すねたと言うかしらけたと言うべきか、とにかく、いつもと違う気配が全身から漂っていた。近寄るとすぐに私をじっと見つめ、一言だけニャ!っと声を発して不満を漏らした。「今回は、マリちゃんに説明しないで出かけましたね」と言われ図星だったTさんは、それからようやく、本気になってくれた。最初は了解や報告だけだったのが、次第に色んな話しをするようになり…今ではマリちゃんと、深い会話をするようになっている。
今こうして書いていると、アルケミストで過ごした贅沢で濃密な時間が思い出されてくる。驚きと感動に包まれ目から鱗の連続だったが、体験した多くの事柄は、言葉で言い現すことが難しく、言ったとしても言い尽くせない。
まさに、百聞は一見にしかずの世界なのだ。

卒業生の声

I・Mさん(女性) 第3期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

アニマルコミュニケーションカレッジへの入学を決めた時に感じた「人生が変わる予感」は、本当に当たっていました。当初は単に動物と話が出来るようになる事で変わるという思いだけでしたが、実際は自分の生き方や考え方を含めた大きな変化となりました。 自分を愛すること、信頼する事の大切さに気付くことが出来、入学前よりも自分を好きになる事が出来ました。動物達の深く大きな愛情を知ることが出来ました。 殺処分される動物、食肉の問題、野生動物等、様々な命について深く考える事が出来ました。 何より、あらゆる命に対するいとおしさが大きくなった気がします。 東日本大震災や愛犬の死…、この1年の間で起こった大きな悲しい出来事が、私の人生にとって意味のある事だったと今は思います。遠距離での通学でしたが、授業のある日が待ち遠しく、毎回ワクワクしながら通えました。 自信をなくした時もありましたが、先生方や同じ受講生の方々の励ましもあり、無事に認定式を迎える事が出来た事を、本当にうれしく思っています。皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。高江洲先生には、いつも優しく(時には厳しく)ご指導いただき、私の人生の大きな転機とする事が出来ました。心から御礼を申し上げます。

A・Mさん(女性) 第3期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

私は、専門学校の実習と重なり、アニマルコミュニケーションカレッジに来れない日が多くありました。しかし、先生方のやさしい対応、DVDを見たりする等で大変助けられました。 最初は本でオーラ等の勉強をしましたが、実際に学校に来てそれをより強く感じられるようになり、ここに来てよかったと思いました。これからもどんどんオーラを見ていこうと思います。 一番ここに来て良かったと思った事は、オーラのととのえ方とネガティブなエネルギーの取り除き方です。オーラを見る、動物と話をする等、本でもなんとなくでしたが理解できました。しかし、悪いところを何とかしてあげたいと思っても何も出来なかったからです。少しでも動物が幸せになるように、どうすればいいのかが、ここに来てわかりました。また動物だけではなく、自分自身にとっても、大きな事だったので本当に知ることができて良かったと思いました。 この1年で変わったといえば、動物の見方も変わりましたが、自分自身との向き合い方が一番変わったと思います。「インナーチャイルド」を最初に教わった時は本当にビックリして涙を流しました。「小さい自分がこんなこと考えていたのか。」と心に入ってきたのがとても印象的です。自分自身とちゃんと向き合える様になり、あまり迷い等がなくなった気がします。 今後の課題は動物の声を人にどう伝えるかだと思っています。もっと言葉を勉強し、そして動物を癒す事ができる言霊を伝えられるように頑張りたいです。この学校に来れて良かったです!ありがとうございました。

G・Rさん(女性) 第3期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

最初はただ動物とコミュニケーションしたくて、アニマルコミュニケーションカレッジに入りましたが、この1年間で私の人生が完全に変わりました。1人で外国生活をしていて、去年はもっとも辛い時期でしたが、日曜日の授業の時間は一番楽しかったです。2週間にたまったストレスが、授業の中の先生の話で考えが変わったり、モデル(動物)さんの話で感動したり、完全にリフレッシュすることができました。そして、ここに来たおかげで、私の人生の目標がやっと決まりました。動物とコミュニケーションするだけでなく、動物と飼い主の架け橋になって、すべての命が幸せになれるように頑張りたいと思います。アニマルコミュニケーションカレッジ入って、本当に良かったです。

M・Hさん(女性) 第3期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

1年間のカレッジはとても濃く貴重なお時間を過ごすことができました。 動物さんとのコミュニケーションでの学びは勿論ですが、生きていくうえでの知恵までも学ばせて頂き多くの気づきと感動の連続でした。 「愛犬とコミュニケーションができたらなんて幸せなんだろう」というのが入学の動機です。 授業では一から丁寧にノウハウを教えて頂き、そして実際に動物さんを迎えての髙江洲先生のデモンストレーションからスタートするなど、とても実践的な授業が魅力的だなと感じました。全くわからない状態からはじまりましたが、卒業までには実際にお客様と愛犬を出迎えてコミュニケーションをしたりと、ここまで力をつけてくださった事に感謝致します。授業に来てくださった飼い主さんが自分の愛する動物さんの心を知った時の感動は忘れることはありません。そして、私自身も愛犬に支えられ愛され過ごしている事も知ることができ本当に幸せです。これからは、愛犬は勿論ですが動物さんのお役にたてるよう努力していきます。 これからも楽しく学んでいけるようにカレッジ初日に教えて頂いた「楽しくやるにはやるべきことをやる」という事をベースに日々を大切にしていきたいと思います。 「アルケミスト」に出会えて本当に良かったです。お世話になりました。有難うございます。

H・Yさん(女性) 第2期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

入学した頃は、本当に自分がオーラを見る事ができるのか、動物達の声、想いを感じることができるのか、不安がありましたが、気付けばオーラを描き解析し、飼い主さんに伝えるということをしている自分が居る事に、驚きと共にこの学校で1年間本当に多くの事を学ぶ事ができました。とは言え、知れば知るほどにその深さを実感し、これで十分という事はないのだと痛感します。

ここで学んだ事を多くの動物、飼い主さんに還元できる様、これからも勉強しつつ実行していきたいと思っています。
K・Kさん(女性) 第2期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

昨年、迷うことなく導かれるように受講を決め、途中少しくじけそうになったこともありましたが、仲間の皆さんとの交流により励まされ、とても楽しく充実した実りある日々を過ごすことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
   "人生は本当に素晴らしく、喜びに満ちて楽しいです!!"
時折聞こえていた意味不明の声も聞こえなくなり、かわりに、植物の声や、友人の心の声を感じるようになりました。
ようやく、地に足のついた素晴らしい人生をちゃんと自覚して歩みはじめることができたように感じています。
アニマルコミュニケーションだけでなく、あらゆるコミュニケーションを深めていきたい。使命に向かってまっしぐらです!
イニシエーションしていただいたお言葉もとてもありがたく「喜びにうち震える」感覚を初めて味わいました。
本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

K・Hさん(女性) 第2期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

1年前の今頃はこの場にこうして座っているなんて考えていませんでした。昨年の東京ビッグサイトでのいやしフェアで高江洲代表の講演を拝聴し、これまでの動物に対する概念を根底からひっくり返される程のショックを受けたのが初めての出会いでした。小さい頃は「動物のお医者さん」になると言っていたくらい動物が好きで、人が死ぬ場面より動物が死ぬ場面で大泣きし30分も泣きやまないような子供でした。成長するにつれてだんだんその感受性を封印して忘れてしまっていたのですが、ギリギリまで悩んで入学を決めたこの1年で「私が一番はじめになりたかったのは動物のお医者さんだったんだよなあ・・・」と思い出し、昔の自分と再会したような気がしました。
アニマルコミュニケーションを学んで本当に世界観が変わりました。全ての生き物が人と同じように想いを持って生きているのだという認識は、これまで「気持ち悪い」「こわい」と思っていたカエルやゴキブリやミミズさんたちにもそういう感情を持つことはなくなりました。まだ喜んで触る所までは行かれていませんが、そういう自分の変化こそが実は一番の奇跡かも・・・と感じています。
この1年でゆっくりゆっくり自分の壁や思い込みを崩して自分なりに成長してこられたのだなと感じています。アニマルコミュニケーションに対する思いも次第に強くコミットしようと変わってきました。
高江洲先生に教えていただいた多くの教え、ヒランニャガルバを毎日続けることが着実に変化をもたらしていることも実感してきています。
まだまだ未熟で揺らぐことも多いのですがそういう時に立ち戻れる場も与えていただけたことに深く感謝しています。
私はこれまでやってきたこと、今やっていることを統合した“スピリチュアルトランスレーター”という大きな存在になるのが夢です。言語(外国語)、色(オーラソーマ)、動物の言語(アニマルコミュニケーション)という幅広いことばを通訳し伝えていかれるような存在として活動していきたいと考えています。壮大なビジョンですが自分の目指すものが見つかってとても幸せです。

高江洲代表、先生方、1年間本当にありがとうございました。
G・Aさん(女性) 第2期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

今回受講させて頂き、物事の見方が変わりました。
これまで生きていく中で、人間との関係ばかりで世界がまわっていましたが、これからは、動物を含めあらゆる生命と共に地球で生きているんだという意識に変わりました。
又、動物に対する差別心が以前より減り、もっと同じ生命として、仲良く生きていきたいなと思っています。
そして、人に動物たちの心を伝えることは、とても喜びです。
全ての生命は同じという目で物事を見ている時は、とても心地良いです。
何よりも、愛犬ととてもわかりあえるようになったことが一番の喜びです。
それから、以前よりずっとコミュニケーションをとるのが上手になったと思います。人と話をすることが怖くなくなった気もします。
真実の目で物事や生命を見つめられるようになって、すごく嬉しいです。
アニマルカレッジは、又、受講したいです。
今は、現実生活でヒーラーとして、力をつけることや、経験を増やしていき、学ぶことと、実践することのバランスをとれるようにしていこうと思います。
今日のイニシエーションでは先生に、私がこれから活躍していく準備ができたと言って頂き、私もそれを今感じているのですが、逆に日々ドキドキしてしまい、緊張が続いています。まだまだ、落ち込みやすく、迷うことも多くありますが、進んでいこうと思います。
何よりも、今回アニマルコミュニケーションの場に居た事や、そこで起きていたことは、最高に心地のよいもので感動があり、生命を生きる喜びでした。自らヒーラーとして、このような喜びを伝えていけるよう、自分を信じたいと思います。

ありがとうございました。
K・Nさん(女性) 第2期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

この学校で学んだ1年で、これまで以上に、自分と他の動物たちとの境が、なくなりました。

これからも学校を通じて、動物たちと接し、どんなふうに自分が変わっていくのか楽しみです。アニマルコミュニケーションカレッジに出会えて、本当に良かったです。
T・Nさん(女性) 第2期アニマルコミュニケーションカレッジ卒業生

1年前に「自分の犬と話がしたい。」と思い、アニマルコミュニケーションカレッジの入学を決めました。
この1年を振り返って、あの時思いきって入学を決心して本当によかったと感じます。動物さんたちの一途な思いに感動したり、人間以上に複雑な感情に驚いたり、この1年動物さんたちが私に教えてくれたことは、私にとって大切な宝物になりました。
また、動物さんのことを知りたくて入学したアニマルコミュニケーションカレッジですが、その内容は動物さんのことにとどまらず、私が長い間考えたり、悩んだりしていた問題についても光を与えてもらった気がします。
この場を借りて、高江洲代表、先生方、モデルに来て下さった動物さんたちに心からお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。
6年前愛犬が家に来て、犬たちについての様々な現状を知りました。ドッグフードのこと、都内の犬たちのストレス、捨て犬たちのこと・・・。多くの問題の全てが私たち人間が原因だと思うと、時々「人」であることが嫌になることさえありました。色々なことを知れば知るほど、考えれば考えるほど、何もできない無力感でいっぱいでした。
この1年のおかげで、そういったモヤモヤした気持ちがなくなりました。小さいことでも行動することの大切さ、周りや問題を変えるのではなく、自分が変わることで、状況が変わるということを知ったからだと思います。今はちゃんと前を向いて、少しずつですが、自分を信じて歩き出す準備ができてきた気がします。
まだまだわからないことも多く、悩みもつきませんが、早く自分の使命を見つけて、人として動物さんたちに対してはずかしくないよう生きたいと思います。

H・Nさん(女性)

亡くした子(愛犬1才)の最後の気持ちは何だったのか?今一緒に暮らしている子は毎日何を考えているのだろう?そんな想いから学ぼう!彼らと話をしよう!とアルケミストの門をたたきました。想像とはかなり違った方向の授業に驚きながらも、毎回楽しく勉強してこられたと思います。こうして卒業を迎えられるのも、先生方、又仲間達に支えられての事だと本当に感謝しております。
毎日仕事に疲れてしまい、グランディングをさぼる事もしばしばあり、いけない…ちゃんとしなけらば!!と気持ちを新たにしようと思います。現世リーディングを受け、アニマルコミュニケーターを仕事にするのは、まだ先の話のようですが、考え方次第では、始めるまで、まだまだ沢山の時間があるのだから、準備をしっかりと整えて自分も、もっともっと成長出来るんだ!と将来が楽しみに思えます。
アルケミストで学んだ他人との接し方、言葉の選び方、言葉で人の心を癒せる(人に限らず、全ての生命を…)事をいつも忘れずに日々を過そうと思います。

K・Tさん(男性)

水中動物と話がしたいとの思いで始めたアニマルコミュニケーションでしたが、終ってみると動物の持っている感情の素晴しさ、人とのコミュニケーション、自分とのコミュニケーションと気付かされることが多くありました。相手の気持ちをわかろうとするだけで、十分に相手が癒されるということが、一番の気付きでした。これからも、この気持ちを忘れないでアニマルコミュニケーターの道を家人と共に歩んで行きたいです。

F・Rさん(女性)

1日も休まず勉強出来た事に感謝しています。毎日病気の動物達と接する私にとって、とてもいい勉強になりました。動物の気持を理解し、聞く耳を持つことで少しでも楽になればと思います。先日、知り合いの人から、「奥さんは変わりましたね」と言われ、どんな風にですかと聞きましたら、私の回りの空気が変わったと言われました。自分を好きになり認める事で変わったと思いました。これからオーラをきちんと描き、解析もちゃんと出来るようにもっと努力したいと思っています。自分に出来る事から、動物の為にやって行きたいと思っています。これからもよろしくお願いします。

O・Hさん(女性)

アニマルを勉強したいと思い立ち、入学をお願いしてから1年5ヶ月…。畑違いの分野だったのでは?と思い悩んだり意外な授業展開にワクワクしたりとても楽しい日々でした。「学ぶ」ということが、こんなに楽しかったんだと子供の頃にかえったような新鮮な気持ちになれた自分が不思議でしたし、又そんな自分を見直し好きになれたような気がします。動物さん達の深い愛情には、ただただ驚かされました。今までそんな事に気づく事なく日々の生活に精一杯だった自分を反省し、ほんのちょっぴりですが心が広くなれたような気がしています。人、動物、植物…すべての生命あるものに目を向け耳をかたむけ、自分自身に与えられた生きる力を大切にしていきたいと思います。まだほんの入口に立ったにすぎません。これからも学び続ける事をライフワークとし、肩の力をぬきながら優しい人になりたいと思います。

F・Tさん(女性)

アニマルコミュニケーションというのは限りなく学ぶ事があり、単なる動物さんと話をするのではないという世界に気づきました。まずは自分を愛し好きになり、初めて人や動物さんとコミュニケートできるのだと思います。エネルギーを感じ、そこから読み取れる情報というのは素晴らしいものだと思います。そして動物さんとコミュニケーションを取るには(ペットの場合)飼い主さんとのコミュニケーションも必要になるわけで、ヒューマンコミュニケーションにもなるというとても奥の深い世界だと思います。自分が中立な思いでいられるかどうか…これも非常に難しいですが、できる限り感情に流されない様にがんばっていこうと思います。先生は、まだまだ我々は動物さんを差別しているとおっしゃっていました。宇宙(地球)に存在する同じ生命体として差別なく思い過ごす事がいったいどの様な事なのか…まだまだ深く学び続けなければいけないと思っています。

K・Aさん(女性)

いろんなことがいっぱいあり、時には「アニマル勉強すべきではなかったのでは?」と思うこともありました。しかし、今卒業するにあたって続けてきて本当によかったと思います。オーラを描きそれを解析することは、まだまだ難しく、ほんのかじった程度でやっとこれからスタートという感じですが、「初めのころオーラが描けなかったらどうしよう!!」と思っていた頃と比べると私の中ではかなり進歩したと思います。
動物さん達とのコミュニケーションでも初めの頃は???の連続で「こんなんで大丈夫なの?」という感じでしたが、まだほんの少しですが、気持ちを感じられるようになってきたように思います。 高江洲先生をはじめ、サポートの先生方には大変お世話になりました。
高江洲先生の公開リーディングは目から鱗状態で、本当に貴重な経験をさせていただきました。担当の先生方の温かく親切なサポートは、今も心に残っています。本当にありがとうございました。これからも温かいご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

K・Yさん(女性)

今朝ハイヤーセルフにメッセージを授かりそれは「愛しなさい」であった。胸が熱くなった。自分を、自分のまわりの生命を、出会う生命を愛していけば、どんどんつながっていくのだと思う。エネルギーにはいろんな形態があるけれど、これでつながっていく。本当に様々な生命との交流でそう感じる。動物を差別していた自分が、動物と向かい合い真剣につき合う中で、エゴのようなものが減っていったと思う。そのことは人間に対してもあてはまる。相手に求めたり、決めつけたり、良くも悪くもそうしていたが、ありのまま相手も受け入れる…それが“心を開く”ということなのかと現時点では思っている。授業や実習で先生に指摘されても意味がわかならいことがたくさんあった。しかし今はだいぶわかるようになっていて自分でも驚いている。例えば「犬が飼主を思う一途な愛情には人は勝てない。」初めは何のことだかわかならかったが、今はわかる。そう思う。「でも、私はあなたを本当に愛しているよ」と言えるようになった。
“自分を認める”ということは、まだでききっていないようだが、これからどんどんできるようになるさ!と思っている。その上で不要な壁を取りはらい、生命のあるものと交流してゆく人生が待ち受けている、と感じている。とても1年半でおきたこととは思えないほど多くの経験と気づきを得た。それは自分の中にある扉をどんどん開き、花が咲いていくような感じ。それを先生方と動物さんたちにしていただいた。アルケミストを選択した自分をほめたい?!本当にありがとうございました。

お電話での資料請求・お問い合わせは044-833-4981

インターネットによる資料請求・お問い合わせ