−生きるうえで大切なことー 365日のメッセージ 私たちにとって最も重要な「生きる意味」や「自分自身の今世の使命」。その答えとなる神聖で素晴らしいメッセージがいつも私のもとに届いています。 メッセンジャーとして、リアルタイムに皆様にお伝えしています。

第330回 内なる子供の声

365innerchild.jpg


インナーチャイルド・内なる子供。

それはあなたの最も純粋な意識です。


例え大人になっても、あなたの中には「小さな子供」がいます。その子供はとても純粋で、正直で、傷つきやすい、生まれたままの心です。



子供の頃、私たちの胸の中心にあるハートのチャクラは、とてもオープンです。
ハートチャクラは、自分と他者を愛し、許し、認めること、アイデンティティー(ありのままの自分らしさを表現すること)をつかさどるエネルギーセンターです。




赤ちゃんや小さな子供は、天真爛漫にハートを開いて、愛を発し、そしてすべてを受け入れようとしています。
しかし、様々な出来事により、やわらかいハートは傷を受けていきます。


それは、両親の何気ない一言だったかもしれません。
友達や先生の態度だったかもしれません。

相手はそのつもりがなくても、小さな子供のハートは、あまりにもオープンでやわらかいので、カンタンに傷を受けてしまうのです。




傷を受けたハートは次第に固くなり、閉じていきます。再び、傷つくことを恐れ、感情を押し殺したり、我慢したりするうちに、自分を守るために閉じてしまうのです。

 
こうして私たちは、内なる子供の声に耳をふさいで、大人になっていきます。そして、ふたをしてしまった傷は残り続けるのです。




「自分を愛せない」、「自分のことが好きになれない」と悩む人が多くいます。

そして、「自分に自信が持てない」、「人にも自分にも批判的になってしまう」、「ものごとを楽しむことができない」、「自分の目標がわからない」という声も、とても多いものです。


これらはすべて、インナーチャイルド、つまり、自分の純粋な思いと、今の大人になった表面的な自分が上手くいってない状態です。
つまり、自分の純粋な思いを無視し続けた結果、今の表面的な自分とのずれに苦しむのです。



しかし、多くの方がインナーチャイルドと対話することにより、心が癒され、自分らしさを取り戻していきます。



「自分は嫌い」、「愛せない」という思い。

それは、インナーチャイルドの、「もっと私に気づいて!私を愛して!」という声の裏返しです。



多くの方が、私のエネルギー誘導の中で、インナーチャイルドとつながり、感動的な対話をしています。


ある方は、泣きながら訴えてくる小さな自分を抱きしめて癒し、救われました。

ある方は、愛されていたという幼い頃の記憶を取戻し、ずっと許せなかった両親のことを許すことができました。


自分のことが大好きになった方、自分を許し、感情を出せるようになった方、皆それぞれ、自分が最も望んでいることにアクセスし、心の傷や満たされない思いから自由になっていくのです



エネルギー誘導では、時をさかのぼり、3歳の頃のあなたに会いに行きます。
時空を超えた、深い意識の中で、小さな頃のあなたが、今のあなたへ大切なメッセージを伝えてくれます。


そして、小さな頃の心の傷を癒し、純粋な自分の願いや思いを認めた時、本当に求めてきた愛に気づくことができるのです。





誰しも、ハートを開き、自分を愛し、人をありのままに受け入れていた頃があります。

 
世界のすべてが輝き、心の底から喜び、笑えた頃。


 素直に正直に自分の望みを表現できた頃。


そのような、小さな頃の純粋な幸福を取り戻すことができるのです。



あなたの内なる子供、インナーチャイルドは決して弱々しい存在ではありません。

傷つき、悲しみながらも、内なる子供は、あなたが自分の存在に気づいてくれることを待っています。



あなたの内にある純粋な喜びの声を消すことはできません。
インナーチャイルドの声は、ひたすら純粋に、ひたすら健気に、魂の望みを伝え続けてくれるのです。





【自己変革 プレ講座 第1回 インナーチャイルド】
~人間関係が幸せになる!自分を心から愛せるようになる!~
 
≪インナーチャイルド≫とは、あなたが小さかった頃の思いと心を持った純粋な意識です。
インナーチャイルドの気持ちを理解し、大切にすればするほど、あなたの心は平安と幸福に満たされるようになります。
あなたのインナーチャイルドをたくさん愛してあげてください。
 
[日時] 4月30日(日)13:00~16:00
[料金]一般3,000円/会員2,000円
[場所]アルケミストホール
 
▼プレ講座の詳細、お申し込みはこちら
http://www.alchemist-japan.com/
▼自己変革セミナーの資料請求はこちら

https://gt203.secure.ne.jp/~gt203107/contact/

第328回 ヒーリングフェスティバル記念講演会①

IMG_3443.jpg

昨日は、ヒーリングフェスティバルの1日目であり、モデルの方をお招きして、カレッジ学生によるヒーリング、そしてマザーテレサの上映会と特別記念講演会が行われました。

そして、2日目の今日も学生たちのヒーリングが行われ、彼らの熱心なオーラリーディングとヒーリングにより、モデルのみなさんは幸せそうな笑顔を輝かせていました。

「とても幸せでした」、「とても優しい温かい対応エネルギーがうれしかった」、「ヒーリングを受けてよかった!」など、たくさんの感想をいただいています。


学生たちも、お互いに協力してヒーリングとオーラリーディングを成し遂げたことにより、自信に満ちた表情になっていました。学生諸君がさらにレベルアップしたヒーラーとして目覚め、新たなる決意を行うための大きなきっかけになったと思います。


2017年のヒーリングフェスティバルを無事終了できたことに、スタッフ一同、心から喜び感謝しています。


みなさんに感謝の気持ちをこめて、昨日の特別記念会講演でお話しした内容の一部を、このブログでお伝えしたいと思います。




2017年ヒーリングフェスティバル特別記念講演会

「愛と奉仕により素晴らしきヒーラーとなる」より抜粋



○ボランティアから学んだこと


私は、ずいぶん昔にこのマザーテレサの映画「母なることの由来」を見て、衝撃を受けました。



当時、私は25年間クリスチャンとして生活をしていました。
「同じクリスチャンでありながら、私は何をしているのだろう」とショックだったのです。そして、「私には何ができるのか」と考え、ボランティア活動をはじめました。

 さまざまな障がい者の方のところへ行き、お話を聞いたり、洗濯物をたたんだりしました。 教会ですから、クリスマスに讃美歌を歌い、手作りのケーキを作っていったこともありました。少しでも幸せになっていただければ、喜んでいただければという思いだったのです。

 しかし、施設の方は私たちに心から感謝し、恐縮しながらも、こう言いました。



「多くのボランティアの方は、みんなクリスマスの時にいらっしゃるんです。でもね、普段の時にはなかなかいらっしゃらないんですよね...」。



「手作りのケーキはとってもうれしいです。みんなは、普段はケーキは、ほとんど口にできませんから。でも、これを切るのが大変なんです。ちょっとでも大きさが違うと、彼らは、どっちが大きいか小さいかで、互いに争いになるんです」



私は、ショックと恥ずかしさでいっぱいになりました。


施設の方にとっては毎日が苦労の連続です。施設の方は、ボランティアの多くは特別な日にやって来るけれど、その後、継続して来てくれる人は、あまり多くはないのだということも話してくれました。
その度に、施設の方や障がい者の方は、さらにさみしい思いを感じていたことでしょう。


私はその後も、様々なボランティア活度をしながら、素晴らしい体験をしたと共に、考えさせられることや落ちこむこともありました。



私たちは一つ一つ、学ばなければならない。

 
助けを必要とする方が、本当は何を望んでいるのかということを、その方の身になって考えなければならない。


私たちにできることは何なのか。相手の方が望むことは何なのか?

 
それをあたらめて考える必要があるのです。




○一人一人の大切な使命



私たちがヒーリングカレッジを行っているのは、ヒーラーとして多くの方に幸せになってもらいたいという願いからです。
神聖なるエネルギーを通して、人々に健康になってもらいたい、幸せになってもらいたいのです。



"Love All, Serve All"
「すべてを愛しなさい。すべてに仕えなさい」


 
私が心から敬愛するインドの聖者サティア・サイババ様の教えです。


 私はこの教えを信じて、ヒーリングを行っています。
どんなときでもそれをできるようにしたいと、心から願っています。



ヒーリングカレッジでも、常に謙虚であるように伝えています。


ヒーラーが癒すのではない、相手の方が癒す力をもっている。私たちは相手の方がそれに気づくために、少しでもお役に立つ者になる。ヒーラーは黒子である。


カレッジ生はそのような思いで行っています。



1998年、私はインドに向かう飛行機の中で、「お前の使命は過去を解き明かし未来を語り癒す者だ」と光りの存在から伝えられて、人生が180度変わりました。

 
それまで私は、平凡な獣医師でしたが、使命を知ったことにより、2000年にヒーリングセンターアルケミストを立ち上げたのです。



多くの方々が癒しを必要としていました。そして、ヒーラー養成コースから始まり、今年でカレッジは10年目を迎えました。



すべての精神、メソッドは、インドの聖者サイババ様から学んでいます。



私たち一人一人は神の化身、神聖な存在である
という教えです。




マザーテレサも言っています。


「最も美しいものとは、一体どこにあるのでしょうか...。それは、一人一人の人間の中にあるのです」



私たちの中に、大切な美しいものがあります。

 
ハートの中に、神がいる。

 
私はそれを信じて、多くの人にこのヒーリングの世界をお伝えしていきたいのです。


 
私たちはどうしたら自分らしい生き方ができるでしょうか。

 
どうしたら神聖な役割を果たせるのでしょうか。
皆さん一人一人の中に、素晴らしい使命があります。


大きい小さいではありません。私たち一人一人の中に大切な使命があるのです。

第318回 ネイチャーコミュニケーションから学ぶこと

あなたは必ず花を咲かせ、実を結ぶことができます。

そのためには準備が必要です。


常に神聖なる未来のあなた自身・ハイヤーセルフからメッセージをいただくことが最も素晴らしい準備です。

最も神聖なあなた自身の意識とつながると、迷いや悲しみ、不満の人生ではなく、喜びの人生を常に継続できるのです。


いつも、「しあわせだな。ありがたいな」と心から感じるようになります。

そうすると、どうなると思いますか?

その幸せを、「あの人にも伝えたい。この人にも伝えたい」と、心から願うようになります。目の前にいる方を、幸せと感謝で満たしたいという思いがわき上がるのです。



私たちはそのように、多くの存在に幸せと感謝を伝えられる存在なのです。


私たちは自分の身体、心、自分の人生だけで、命を終わる者ではありません。

小さな空間の中で一生を終える存在のままでは、もったいないのです。



私たちは時空が広がれば広がるほど、様々な方に美しいもの、素晴らしいものを分かち合いながら、多くの人を幸せに導くことができるのです。


それができるかどうかは、私たちの考え方、生き方次第です。


喜びを感じる者は、喜びをもたらす者です。

人に喜んでもらおうとするのならば、まずその前に、自分を喜びで満たすことです。


同じものを見ても喜びを感じる人と、何も感じない人がいます。それはエネルギーの差です。



木とコミュニケーションを行って、感覚がどんどん高まると、触れた瞬間に彼らの愛情を感じることができます。


彼らは動けぬ者です。


一旦、小さな種から始まった者は、そこでどうやって自分自身を大きくしていこうか、どのように自分の命を使って使命を果たそうかと思うのです。


植物の世界も弱肉強食だという人がいますが、私はそう思っていません。


植物たちは、たくさんの木が生えてくると、「今回はこの木を大きくしよう」と皆で決めます。そのように思うと、隣の木は生命を譲って、自らが枯れていくのです。


枯れていき、そこで栄養になってくれるのです。「今回は、この方が生きるために、自分たちはそこで終了しよう」愛に基づいて行うのです。


これが自然林の姿です。ですから、自然の中では最高にバランスが整えられているのです。


一方、人工的な植林の場合は、その様なことを一切無視して、すべてを同じように育てます。


今回、自分が伸びよう、譲ろうという自由意志がなく、命がその力を発揮する余裕がなくなるのです。それは、今の日本の画一的な教育と同じです。



もし、あなたが感じる心さえもっていれば、至る所にあふれる喜びを感じることができるでしょう。



まず自分を喜ばせることです。楽しませることです。


自然の中に行ってください。


自然の中に神がいます。


樹木という神がいます。


草花という神がいます。至る所に神がいます。


神はたくさんのことを教えてくれる存在です。


木はたくさんのことを教えてくれています。


草花から、大地からも教えを受けることができるのです。

第315回 高きを目指しなさい

神に至る道は山あり谷ありで、


決して平坦ではありません。


しかし、あなたたちはそれを乗り越えた時に、


自分が高まったことに気づくのです。


高きを目指しなさい。


上を見上げ、自らの戻るべき道を定めなさい。


そうすれば間違いなく、神聖な存在、


すなわち神があなたたちを導き、待ちわびていることがわかるのです。

第313回 大切なのは愛


大切なのは愛です。


自分を愛すること。


他者を愛すること。


神を愛すること。



この三つの愛の柱が整えば、


すべての物事は順調に、なおかつ効果的に進みます。


〜インドセミナーメッセージより〜



◆インドスピリチュアルセミナー

30回以上インドの聖地を訪れた私の体験や偉大な聖者の教えをお話ししながら、スピリチュアルなエネルギーワークをお伝えします!

第1回 4月17日(日)17:00~20:00 終了

第2回 5月15日(日)16:00~19:00 終了

第3回 6月26日(日)16:00~19:00 終了

第4回 7月24日(日)16:00~19:00 終了

第5回 8月21日(日)17:30〜20:30 ※特別に8月も開催!!

第6回 9月15日(日)16:00~19:00 

第7回 5月15日(日)16:00~19:00 


場所:アルケミストホール


詳細webチラシ

https://my.fly5.net/healing_alchemist/indianspiritual/



◆インドスピリチュアルツアー

今年は11月2日(水)〜9日(水)の6泊8日間のインドスピリチュアルツアーが行われます。

南インドの聖地を訪れ、その中で様々なメッセージやガイダンスをお伝えする素晴らしい旅です。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください

第312回 正しい目標と正しい手段を持つ

人生を生きる上で最も大切なことは、


正しい目標と正しい手段を持つことです。


どんなに崇高な目標を持っていても、


手段が間違ってしまえば、


あなたはそこに到達することができません。




どんなに努力していても、


正しい目標がなければ、望まぬ方向へ進んでしまうのです。


正しい目標と正しい手段を持ちなさい。


そして幸せになりなさい。


神はすべて残らず皆の者が幸せになることを望んでいます。


〜インドスピリチュアルセミナーメッセージ〜




昨日は第4回目のインドスピリチュアルセミナーでした。

人生を生きる上で大切な、正しい目標と正しい手段についてお話しをしました。


正しい目標とは、私たちは皆神聖な存在であり、神の化身になるという目標です。

 

私たちは本来なるべき姿、変えるべき場所へ向かっています。

その道へ進むため、一つ一つの過程を歩んでいます。


 

では正しい手段とは何でしょうか?

 

正しい手段とは、まず、これまでの自分の人生における様々な体験を総合的に把握します。そして、自分の長所・短所を見極め、「自分は必ず幸せになる、そして他者もそのことにより幸せになる」という観点から一つ一つを行っていくことです。


たとえあなたがどんなに幸せでも、そのことで相手が悲しむのなら、それは正しい手段ではありません。


たとえ相手が喜ぼうとも、あなたがそれを望まないのなら、それはあなたの正しい手段ではありません。


自分も相手も喜び、共に認められるという方法が正しい手段と言えます。





◆インドスピリチュアルセミナー

30回以上インドの聖地を訪れた私の体験や偉大な聖者の教えをお話ししながら、スピリチュアルなエネルギーワークをお伝えします!

第1回 4月17日(日)17:00~20:00 終了

第2回 5月15日(日)16:00~19:00 終了

第3回 6月26日(日)16:00~19:00 終了

第4回 7月24日(日)16:00~19:00 終了

第5回 8月21日(日)17:30〜20:30 ※特別に8月も開催となりました!!

第5回 9月15日(日)16:00~19:00 

第6回 5月15日(日)16:00~19:00 


場所:アルケミストホール


詳細webチラシ

https://my.fly5.net/healing_alchemist/indianspiritual/



◆インドスピリチュアルツアー

今年は11月2日(水)〜9日(水)の6泊8日間のインドスピリチュアルツアーが行われます。

南インドの聖地を訪れ、その中で様々なメッセージやガイダンスをお伝えする素晴らしい旅です。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。


第310回 ヒーラーはご恩返しができる人

◆Message

ヒーラーとは、決していただいたものを忘れない人です。

感謝をもって、常にお返しすることを考える人です。

ヒーラーとは、まさしく人生におけるご恩返しができる人です。

愛と感謝をもって、お返しのできる人です。

そして、それだけで満足するのではなく、

「もっとお返ししたい。もっと喜ばれる者になりたい」

そのようにいつも思える人がヒーラーなのです。



あなたは自分を愛していますか?

感謝していますか?

愛することと感謝はリンクしています。



「なかなか自分を愛すること、感謝することができません」

という人が世の中いっぱいいます。


そのような方に、私はこう伝えます。


「あなたって恩知らずですね。すべてのものを無償で与えられているのにもかかわらず、それに感謝しないのですか?

あなたは自分の身体をいくらで売れますか?

1億では?10億では?

あなたの身体は髪ひとすじ、爪ひとかけらをとっても、あなたが作ったものではありません。細胞の一つ一つ、すべて神聖な存在から頂いたものです。

値段をつけられないようなものを与えられて、それに感謝できないというのですか?それを恩知らずというのです



人は何かをしていただいたことを、すぐに忘れてしまいます。

「忘れる」=心を亡くすと書きます。


忘れて良いもの、忘れたほうが良いものはあります。
感謝できないこと、恨み、憎しみ、ネガティブな思いは忘れた方が良いことです。


しかし、忘れてはいけないものがあります。


それは自分への感謝です。


あなたは1年前のあなたに感謝したことはありますか?
2年前、3年前、4年、5年......、10年前のあなた......。
これまでの人生であなたは一年一年、一日一日、頑張って生きてきました。


今のあなたを作っている、過去のあなたに「良くやってくださいました。あなたのお陰で今の自分がいます」と感謝したことはありますか?



ご恩返しをすることです。

恩知らずになってはいけません。


何かをいただいたら感謝をするというセオリーがありますが、何をされなくても感謝することができるはずです。


なぜなら、すべて無償でいただいているからです。


それを正しく使うことです。


あなたの目は正しいものを見ていますか。

あなたの口は正しい言葉を使っていますか?

耳は正しいメッセージを聞いていますか?



自分を愛せない人は、あまりにも自分を知らなすぎるのです。
そして自分のすべてを忘れてしまっています。


自分の人生の中で大切なことを経験しているにも関わらず、忘れてしまっているのです。

私たちはあまりにも自分のことを知らなすぎです。

人を知る前に自分を知らなければなりません。


失敗した自分、嫌な自分、そのような一部に心を奪われて、その何百倍も頑張ってきた自分を忘れているのです。

一番の恩知らずは、自分に興味を持たず、自分の貴重な人生を忘れることです。


自分の人生をすべてを取り戻してください。

第309回 愛に基づいた行動


◆Message


愛するということは、行動をすることです。
愛に基づいた行動をためらったり、

やめてしまったりしないことです。

愛するなら行動することです


感謝するとは、相手を尊重することです。

あなたが愛と感謝をもって、相手を尊重し、行動するならば、

相手の方は心からの喜びと幸せを感じるようになります。


(第10期ヒーリングカレッジ 第5回目授業メッセージ&講義より)



愛に基づいて行動すると、相手の方に、どうしても直してもらいたい、どうしても気づいてもらわないと困ることを伝えるべき時があります。

そのような時、我々は勇気をもって伝えなければなりません。


相手を尊重し、相手が幸せになるために伝えるのです。


家族やパートナー、友人、会社の上司、部下、様々な人間関係において、相手にどうしても大切なことを伝えなければならない時があります。


しかし、怒りにまかせて、「どうしてあなたはこういうことをするんだ!」と叱りつけ、自分の感情をぶつけてしまってから、「あなたを大事に思っているから言うんだよ」と言っても効果は半減します。

相手が決して心地よいと思わないことを伝える時は、まず「あなたのことがとても大事なんだ。大切なんだ」と言った上で、「ただし、このことについては違うよね」と伝えるのです。



感情的になり、伝え方がまずい人が多くいます。それは親からそうされてきたからです。

ヒーラーは素晴らしさを伝える者です。ヒーラーはいかなる状態であっても、相手を尊重しなければなりません。その上で、伝えるべきこと違うと思うことを伝えるのです。


最初に相手の素晴らしさを伝えて尊重し、愛に基づいて行った時に、はじめて相手は聞く耳を持ちます。


その時、相手の反応はどうなるでしょうか。例え、相手が不満そうにしても、なにをしても、期待してはなりません。誠心誠意、愛情をもって伝えた結果、それをどう受け取るかという責任は相手のものです。


ヒーリングを行い、例え「全然良くなりません」と言われても、一喜一憂しないことです。ヒーラーはただひたすら愛と感謝を持って伝え続け、癒し続けるるのです。相手の反応にまで責任をとる必要はありません。しかし、そのためには、我々は常に愛に基づいた行動と感謝をもって行うことです。


多くの人が、「私はあなたのことを思って『正直に』話した」と言います。しかし、そのやり方が間違っています。『正直さ』を思い違いしたまま、相手の心を感じるよりも、自分の気持ちをそのままぶつけてしまうのです。


相手に愛と感謝、尊重を伝え、「幸せになりますように」と祈って伝えることからはじめましょう。





何かを伝える時、「優しく言いましょう」ということも良く聞きます。


オブラートに包んで、相手が傷つかないように伝えようとする人も多いと思います。

しかし、駄目な時は駄目と伝えなければならない時もあります。


その時重要なのが、相手に対する愛と感謝です。


相手はすぐには理解できないかもしれません。あなたに反発をするかもしれません。しかし、結果的に感謝されるでしょう。



愛と感謝をもって、そして「勇気」を持つことです。


相手からの反対や批判を恐れて、本当に伝えたいことを伝えないのは間違っています。


愛に基づく行動によって伝えたとき、あなたも相手の方も幸せになるのです。

第307回 眠りとは


307.jpg


眠りとは生命が健康に生きるために

最も大切なものです。


安らかな眠りがあってこそ


人は平安を勝ち取り人生を生きる勇気を

得ることができるのです。


眠りとは人生を生きる上で最も大切な行為なのです。




第306回 ヒーラーとして成すべきこと

昨日はヒーリングカレッジ上級コースの第4回授業でした。
授業でのメッセージを一部ご紹介します。



「ヒーラーとして成すべきこと」


ヒーラーとして成すべきことは、自らを清め高め、
そしてそのことにより多くの人々を喜びに満たし、
幸せにすることです。


まずヒーラーとしてはじめにやるべきことは
いかなる状態にあっても自らを高めることです。


自らを高めるとは何でしょう?


高めるとは神に近づくことです。


「絶対に神聖な存在に近づくのだ」という思いで

日々行っていった時に、自分の意識が高まるのです。


世の中の様々な雑然としたもの、俗的なものに心を奪われるのなら

高まったとは言えません。

本当に大切なことに目を向ける。

大切なことに意識を向けるということが「高める」ということです。



次に成すべきこと。


それは、「命を愛し続けること」です。

どのような時でも、すべての命を愛し続けることです。

愛することをやめた時に、我々は成長が止まります。

それは自他共に言えることです。

自分を愛すること他人を愛すること、

すべての生命を愛するということが成長することです。


精神性を高めるための大きな推進力となるのが、

やはり「愛すること」です。



この世界には愛のない人、愛情の少ない人はいません。

「命が大事です。本当に有り難いんです」と言って

愛して、愛して、愛するうちに

その方の持つ最大のエネルギーが高まっていくのです。



そして、次に成すべきこと。
それは、「許すこと」

自他共に許すことです。

自分が上手く行かなかったりとか、

相手に嫌な思いをさせられたりとか、

すべてを含めて許すということ。



許すことで、さらに人生を順調に進ませることができます。


多くの方は許すことがなかなかできません。

ある事をどうしても許せないという人は、

せっかく高きを目指し、愛情を持っていても、

前に進むことができません。



自分にとって辛いこと嫌なことをした人を許せないと、

それはブレーキを踏んでいる状態と同じです。


ブレーキがどれだけ外せるのか......。

それが許すことです。


それができてはじめて、

私たちは自らを清めて、高きに向かって、

順調に喜びをもって進めるのです。

最新メッセージ

テーマ

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

キーワード検索