アニマルカウンセリング
  • アニマルカウンセリング
  • 事例紹介
  • 体験談
アニマルコミュニケーションとは? 動物たちのプログラムの発見と解放
  • イベント情報
  • アニマルブログ
  • 資料請求・お問合せ
  • アクセス
  • メディア紹介・関連書籍

アルケミスト - Alchemist | 公式サイトはこちら

たかえす動物愛護病院 スピリチュアルヒーリング オンライン予約サイト

アニマルコミュニケーション ネット動画レンタル開始

体験談

アニマルカウンセリング体験談

S.Tさん (犬:チェリーちゃん)

術後に鳴き出していたものが、本当に止まり、家族全員がビックリしました。「言霊」メッセージを頂き毎日チェリーに話し伝えています。チェリーも以前に比べると自分を出すようになってきたように思われ、ととはいえ、とても色々な事において理解をしてくれているのか、おりこうさんにしてくれます。「きちんと言葉に出して伝える事」とても大切な事だと実感しました。本当にありがとうございました。

Y.Gさん (犬:ここりちゃん)

写真 なれていない場所に興奮していたここりも、はじめにエネルギーを流して頂いていたときにすっかりリラックスしていました。私が思っていたことと、ここりが伝えたいこととかが、少しずれていたことがわかり、とてもよかったです。互いに楽になった感じがします。素直に愛情表現ができるようになり、気持ちが楽になりました。

S.Yさん&S.Eさん (犬:のんちゃん)

写真 いままで「なぜ?」「どうして?」「どうしたらいいんだろう?」と思っていたことを一つ一つ丁寧に答えて頂き、納得することができました。意外な言葉も多々あり、驚くこともありましたが、とても有意義な時間でした。劇的に耳の状態が良くなりました。
先生からいただいた言葉を語りかけることで、とても安心した、落ち着いた顔になりました。自分自身も間違った怒り方をしていたりと愛犬に負担を与えていたと反省したり、心に余裕が出てきたことで、今まで以上に思いを感じ取れ、優しく接することができるようになったと思います。

S.Nさん (犬:チコちゃん)

写真 「チコの悩みを聞いていただきたい」とカウンセリングを受けましたが、今回はチコの計らいで私の悩みや迷いを解消させていただきました。本当に親思いの娘だと思います。もっともっと学びたいと思います。
カウンセリング後、チコは重荷をおろしたように、また次のステージに入っていきました。昼間は完全に自分の世界に入り居眠りか眠る、夜はぐっすり体を寄せて眠ります。常にそばにいてほしいといった要求もなく、静かに何かを考えています。眠れないと抱っこがうれしいらしく、腕の中で甘えます。言霊を聞いては眠ります。いてくれるだけで存在感が大きくて、幸せで静かなひとときです。迷いがなくなり、希望が持てたのはカウンセリングのおかげです。ありがとうございました。

M.Yさん (犬:三護くん)

さんごのオーラを描いていただき、それがとてもきれいだったのでうれしかったです。私が想像していなかったこと、もっと男として見てもらいたいと知った時は、本当にびっくりしました。ただ可愛がっているだけではだめなんですね。「もっと猫の気持ちをくみ取ってあげないと」と思いました。先生をまっすぐみて意志表示している姿に、コミュニケーションをとろうとしているんだなと改めて感じました。
カウンセリング後さんごの態度が少し荒々しくなったように見えます。(なんだかえばっているような…)遠慮しなくなったようです。先生に教えていただいたように、「明日病院に行くよ」とか「お薬を飲もうね」と言い聞かせるように話すと、目を細めたり尻尾を振ったり、気持ちを伝えようとしているみたいです。今までもそうだったのに、きっと私がそれに気づかなかったのですね。少しだけさんごとの距離が縮まった気がします。これからももっとよい関係を築いていけるように努力します。さんごは私を選んできてくれたのだから、いいパートナーになりたいのです。とても有意義なカウンセリングでした。ありがとうございました。

H.Fさん (犬:ゴマちゃん)

写真 ゴマをはじめ、家族全員に良い変化がありました。ゴマは噛みつきが少しなくなり、だっこも嫌がらず、ゴマの心がわかってからは、私の方も言葉をかけながら怖がらずにゴマの体に触れるようになったこと、娘もカウンセリング後はゴマの体に触ることができるようになり、穏やかでやさしい心でゴマと遊べるようになりました。

S.Kさん (猫:マニュちゃん)

写真 ゆったりし、満足しているように見受けられました。カウンセリングの時の話をしていると、耳を傾けて聞き入り、うれしそうな満足そうな様子を見せてくれたりもしました。飼い主の私たちも、マニュに対しての接し方がただ可愛い、愛おしいというだけではなく、「家を守っていてくれてありがとう」や「かけがえのない大切な家族の一員」であるという意識が強くなり、今までよりもさらに家族の絆が深まったように感じます。
動物と話をするという事だけではなく、飼い主(人間)に対してのコミュニケーションが自然で、説得力があり、感心し、信頼もできました。とても幸せな時間でした。マニュのエネルギーヒーリングも受けに行こうと思っています。どうもありがとうございました。

T.Uさん (うさぎ:きなこちゃん)

写真 何となくきなこの気持ちが理解できる気がする。ちょっとした動作でも「何をやってほしい」「これは好き」とわかるようになった。今までは小屋の中で大きな音をたてたり、鼻を鳴らして怒っているのかと思っていましたが、よく考えてみたら昔からよく音を立てていた気がするし、音を立てるのがきなこなりの表現のし方だろうと納得しています。
飼い主が変わってしまったのできなこにはとてもストレスがかかったのでは?と思い、いつまでもそのことを考えていましたが、「自分が飼い主だ」ときなこに宣言してとてもスッキリしました。シンプルですが、どうしてそのことがわからなかったのか、とてもおかしかったです。

亡くなった動物さんのカウンセリング

S.Iさん (犬:ミルクちゃん)

カウンセリングをして頂きありがとうございました。また、受けさせてくれたミルクにも感謝です。「動物たちは自分のことよりも飼い主さんたちの幸せを願っている」ということは、アニマルコミュニケーションの勉強をしていたから知っていたはずなのですが、どうしてもミルクを喪った悲しみで冷静に考えることができませんでした。
でも、カウンセリングして頂いたことによって、やっぱりミルクも私の幸せを願ってくれており、悲しみにくれる自分を心配し続けていることをはっきりと確信させていただき、もう前を向いて、ミルクに安心してもらわなきゃ!!と心を切り替えることができました。100%今日から絶対悲しまないとまでは言いきれませんが、悲しみの底なし沼からは這い上がることは、100%できました。寂しくなっちゃうことはあると思いますが、もうその悲しみの底なし沼には絶対に落ちません!!
私だってミルクの幸せを心から願っています。ミルクが次のステップに安心して旅立てるように、私は前を向こうと思います。ミルクとは楽しかった想い出、面白かった想い出をこれからも話したいと思います。そして、幸せな私を見てもらえるよう、後ろを向かないようにします。もう病気のことでミルクに謝ってばかりいるのはやめます。感謝の言葉だけを伝え続けようと思います。実はまだ涙が止まりません。ミルクのことを思い出すと泣けてきます。でもこれは悲しみの涙では決してありません。感謝の涙、誇りの涙、感動の涙です。だってミルクってすごいんですもん。私に目標を与えてもくれました。2017、18年、ストックホルムでミルクに再会するまで頑張ります。もっともっと幸せになって逢いに行きます。こんなに前向きにしてくださって、ありがとうございました。

M.Wさん (犬:藤丸くん)

写真 藤丸が亡くなったときに強い痛みや苦しみがなかったことがわかりました。亡くなった時に看取ってあげられなかったことなどを私自身が悔やんでいたことを、藤丸自身が「頑張れなくて申し訳ない」と思っていると知りました。そして、悔やまなくてもよいということ、悔やまないことを藤丸が望んでいるということを知り、私自身がとても軽くなり、解放されました。今回とても救われた気持になりました。ありがとうございました。

アニマル過去世リーディング

A.Kさん (犬:ライトちゃん)

写真 過去世がわかることにより、どうして女の子なのにやたら男らしいと感じるのか、抱っこが好きではないのかなど、今まで疑問に思っていたこと答えが得られすっきりしました。ライトさんも過去世でいろいろ辛い体験をしてきたんだと気づくことにより、一層愛おしく思う気持ちが強くなりました。ライトさんの方は、「わかってもらえた」と感じたようで、今までにも増して伸び伸びと男らしく、自分の要求をアピールするようになりました。お互いの目に見えない絆が深くなったような気がします。

A.Gさん (犬:愛南ちゃん)

写真 愛南がこれほど鮮明に過去世を覚えていたことは驚きでした。一つ一つの質問や話に全身で答え反応していたのが印象的でした。それと動物の100%純粋な心に心を打たれました。やっぱりその心簡単に裏切ってはいけないし、動物に対する人間の接し方がまだまだ失礼な接し方なんだなぁと思うきっかけになりました。愛南という魂を以前よりもっと尊重、尊敬の目で見つめることができ、接するようになりました。以前はわけもわからず気を使ってしまっていたけれど、もっと深い理解と信頼関係が生まれ本当にいい友達のような、家族の一員としての立場で暮らせるようになりました。愛南自身、以前より落ち着いてきたと思います。私の見方も変わったのでどちらの変化かわかりませんが、不安な目をすることは確かに減ったと思います。そして、気のせいか前より他の犬と関わることを避けるより、ちょっと遊んでみたいと近づくようになった感じがします。前より自信がついていると思います。私自身はとにかく愛南という素晴らしい子が私のところに来てくれたことが、ただただうれしいです。これから一緒に幸せになっていくと決意し、愛南にも伝えています。そうすると、愛南はおおあくびをして喜んでいます。

お電話での資料請求・お問い合わせは044-833-4981

インターネットによる資料請求・お問い合わせ